10:00~13:00
14:30~19:00

[休診]日曜・祝祭日

月1度、日曜診療あり。詳しくはスタッフまでお尋ねください。

自家歯牙移植

PORTING

自分の歯を移植して歯を長持ちさせる自家歯牙移植

何らかの原因で抜歯せざるを得なくなった場合、抜歯した箇所を補う方法の一つに、「自家歯牙移植」があります。自家歯牙移植(歯の移植)とは、親知らずなど噛み合わせに関与していない自分の歯を他の場所へ移植する治療のことです。

自家歯牙移植をすることで、状態がよければ10年・20年と長期にわたって自分の歯を使い続けることができます。

自分の歯を移植するメリットMERIT

自家歯牙移植はインプラント治療ほど大がかりな手術を必要とせず、自分の歯を使用するため拒絶反応などのリスクも少なく済みます。インプラント治療のような年齢制限もありません。

また、歯とともに歯根膜を同時に移植できるのもメリットです。歯根膜とは歯と骨をつないでいる繊維性の組織のことで、噛みごたえを感じたり、噛んだ際に歯に伝わる力を調整したりする働きをします。自家歯牙移植ではこの歯根膜も一緒に移植するため、天然の歯と変わらない自然な噛み心地が得られ、移植した歯を長期間使い続けることができます。