10:00~13:00
14:30~19:00

[休診]日曜・祝祭日

月1度、日曜診療あり。詳しくはスタッフまでお尋ねください。

根幹治療

BASIS

根管治療とは?MEANING

歯の中には、「歯髄(しずい)」と呼ばれる神経や血管を含む組織があります。虫歯や外傷によって歯髄が感染したり壊死(えし)したりしてしまうと、歯髄を取り除く「根管治療」が必要になります。さらに、一度根管治療を行ったにもかかわらず、再び根管が感染してしまったり感染が残っていたりする場合は、再根管治療が必要になります。

いわゆる「神経を抜く」根管治療は、歯科治療の中で大きな割合を占める治療です。根管治療が必要となる病態には、主に以下のようなものがあります。

  • 1

    歯髄炎

    虫歯が進行して歯髄にまで達すると歯髄炎になります。歯髄炎の症状は、「冷たいものや温かいものがしみる」「じっとしていても鈍い痛みを感じることがある」などです。

    歯髄炎は、炎症が元の正常な状態に回復する場合(可逆性歯髄炎)は歯髄を除去する必要はありません。しかし、炎症が正常な状態に回復しない場合(不可逆性歯髄炎)は根管治療をする必要があります(「抜髄」と呼ばれます)。

  • 2

    歯髄壊死

    歯髄炎を放置していると歯髄壊死*となり、温度刺激による痛みを感じなくなります。外傷によって脱臼した歯が歯髄壊死となるケースもあります。歯髄壊死の症状は、「歯の色が変わってくる」「虫歯で冷たいものがしみていた歯がしみなくなる」などです。

    *歯髄壊死:壊死とは組織や細胞が死ぬことで、歯髄壊死とは歯髄が死ぬことを言います。

  • 3

    根尖性歯周炎

    骨の中まで炎症が進行すると、根尖性歯周炎と呼ばれる状態になります。レントゲン上では根尖部(根の先)にレントゲン透過像が認められるようになり、「根尖病変」と呼ばれます。根尖性歯周炎の症状は、「噛むと痛い」「歯茎から膿が出る」「たまに強い痛みを感じる」などです。

    虫歯を治療せずに放置していると根尖性歯周炎に進行することがありますが、一度根管治療を行った歯が根尖性歯周炎になるケースのほうが多いことが分かっています。

歯の中には、「歯髄(しずい)」と呼ばれる神経や血管を含む組織があります。虫歯や外傷によって歯髄が感染したり壊死(えし)したりしてしまうと、歯髄を取り除く「根管治療」が必要になります。さらに、一度根管治療を行ったにもかかわらず、再び根管が感染してしまったり感染が残っていたりする場合は、再根管治療が必要になります。

いわゆる「神経を抜く」根管治療は、歯科治療の中で大きな割合を占める治療です。根管治療が必要となる病態には、主に以下のようなものがあります。

  • 1

    歯髄炎

    虫歯が進行して歯髄にまで達すると歯髄炎になります。歯髄炎の症状は、「冷たいものや温かいものがしみる」「じっとしていても鈍い痛みを感じることがある」などです。

    歯髄炎は、炎症が元の正常な状態に回復する場合(可逆性歯髄炎)は歯髄を除去する必要はありません。しかし、炎症が正常な状態に回復しない場合(不可逆性歯髄炎)は根管治療をする必要があります(「抜髄」と呼ばれます)。

  • 2

    歯髄壊死

    歯髄炎を放置していると歯髄壊死*となり、温度刺激による痛みを感じなくなります。外傷によって脱臼した歯が歯髄壊死となるケースもあります。歯髄壊死の症状は、「歯の色が変わってくる」「虫歯で冷たいものがしみていた歯がしみなくなる」などです。

    *歯髄壊死:壊死とは組織や細胞が死ぬことで、歯髄壊死とは歯髄が死ぬことを言います。

  • 3

    根尖性歯周炎

    骨の中まで炎症が進行すると、根尖性歯周炎と呼ばれる状態になります。レントゲン上では根尖部(根の先)にレントゲン透過像が認められるようになり、「根尖病変」と呼ばれます。根尖性歯周炎の症状は、「噛むと痛い」「歯茎から膿が出る」「たまに強い痛みを感じる」などです。

    虫歯を治療せずに放置していると根尖性歯周炎に進行することがありますが、一度根管治療を行った歯が根尖性歯周炎になるケースのほうが多いことが分かっています。

根管治療の無菌的治療法METHOD

根管治療において重要なことは、根管内の細菌をできるだけ消毒することと、新たな細菌を根管内に侵入させないことです。そのためには、根の治療をする際に「ラバーダム」と呼ばれるゴムのマスクを歯につけたうえで治療をする必要があります。

ラバーダムをした状態で根管の拡大・清掃・洗浄を行い、「ガッタパーチャ」と呼ばれる材料で根管内をしっかりと封鎖し、細菌が再び侵入しないようにします。このような治療を、根管治療の「無菌的治療法」と呼ぶことがあります。

01

切削器具により虫歯の除去(麻酔下)

02

手用器具を用いて歯髄の除去

03

根管長測定器により歯の根の長さの測定

04

薬液による洗浄

05

根管内に薬剤を入れ、仮の蓋をして数日おく

06

消毒してきれいになった根管内にゴムのようなものを緊密に詰め込む

07

詰め込んだものを確認するためにレントゲン写真を撮影して根管治療は終了

08

支台築造(土台を作る)