9:30~13:00
14:30~18:30

[休診]日曜・祝祭日

月1度、日曜診療あり。詳しくはスタッフまでお尋ねください。

医院ブログと歯の豆知識

CLINIC BLOG & TOOTH KNOWLEFGE

歯の豆知識2022.09.20

コンポジットレジン修復の押さえどころ

切削量が少なく、目立たない治療方法。それがコンポジットレジン修復です。

私達の医院では歯科医師が最も頻繁に行う治療です。

保険診療でかつ見た目も良く治せるこの治療で済めば、虫歯治療は患者さんにとっては削る量も治療後の見た目も金額的にも比較的安心して受けられる治療だと思います。

出来れば私達は虫歯治療はコンポジットレジン修復で留めたいと心から思っています。しかし、どの治療にも適応、非適応があり、適応症例のうちに治療する事がとても重要です。

結論から言うと

・感染歯質を残すことなくしっかり取れていること

・切削しても口頭の強度を損なわない位に歯質を温存できるうちに発見できる事

・歯と歯の間では接触する歯質が残っている事

・唾液をしっかり排除した状態で治療を充填を行う事

・表面処理をしっかり歯質に塗り、操作時間をしっかりプロトコールを守ること

この事がコンポジットレジン修復を成功に導くポイントになります。

 

コンポジットレジン修復のメリットは

①切削量が少ない最小の治療である

②色が合わせやすい(ただし一般的な歯の色の患者さんには限る)

③1日で治療を完結できる

④虫歯ではなく、足すだけの形態修正も可能

逆にデメリットは

①虫歯の範囲が大きい場合は材質の強度の問題もあり適応とならない。(歯と歯の間の接触する歯質が完全に無くなると適応外)

②水分があると接着しないので、歯の表面処理と充填中に唾液を排除する事が必要

③仕上がりが術者によってスキルの差が出る事がある(色、形、気泡の有無)

④詰めている境目の部分が茶色く変色する事がある

という事が挙げられます。

私達がこの処置をやる場所として最も多いのが歯と歯の間です。

見た目では明確に穴が空いていないけれど、レントゲンで見ると影があるというケースの治療が圧倒的に多いと思います。当院では臼歯部の隣接面う蝕(歯と歯の間のむし歯)の充填ではメタルのストリップス(壁)を用いて、術者による仕上がりのエラーが少ない様に充填を行なっています。

見えない虫歯の場合は痛みも感じていない事が多いので、レントゲンで発見されなければ放置されてしまいます。

ですからコンポジットレジン修復で可能なレベルで治療を行うには、自覚症状が出てから治療を受けるのではなく、定期検診の中で発見された虫歯に行う事が良いと思います。

患者さんにとって歯を削らなくてはいけない事、お金がかかる事、どちらも悲しい事です。

歯髄を取れば大きく歯を削り、治療成績も悪くなります。当然お金もかかります。

だからこそ最も小さな虫歯治療であるコンポジットレジン修復を適応出来る範囲を患者さんに知っておいて欲しいと思います。