医院ブログ
Blog

歯内療法 外傷歯の勉強をしてきました

私と鶴野先生で月星光博先生の講演を拝聴してきました。
幾度も月星先生のお話は聞いていますが、改めて 知識を整理出来るのと、先生の症例を見ると明日からまた頑張ろうという活力をもらえます。

日本の歯内療法の成績は3割程度しかありません。
大臼歯に至っては2割以下とも言われています。
再治療の成功率は6,7割で、根管治療が上手くいっても沢山削られた歯には歯根破折のリスクがつきまといます。
最初に歯髄の処置をするドクターの仕事がとても重要です。

コーンビームCTやマイクロスコープの使用により、以前より高い精度で根管治療を行える様になりましたが、最も大事なのは「感染させない」ことです。ラバーダム、貼薬、仮封をエラーなく行う事の重要性を再認識しました。

2016年11月4日

ページのTOPへ移動します。